購入までのあれこれ

こんにちは。
今日は購入までのあれこれを備忘録的に。

購入したモデルはFIAT500 Cultです。年末に発売された特別仕様車になります。
FIAT500の検討を始めてから、「いいな!」と思うモデルは3つありました。
一つ目はFIAT500C。ボディ色は、キャンバス色はベージュで、ツインエアエンジン仕様です。
二つ目はAbarth500。ボディ色は水色、エッセエッセなしのどノーマル仕様です。
最後が素のFIAT500。ボディ色は灰色、ツインエアエンジンのPOP仕様です。
本命は500Cでした。
どうせ仕事では車を使わないし、遊び専用の車なんだから一度は乗ってみたかったオープンかな、と。
500Cのオープンはトップだけが開くタイプなので、オープンにしても周りの視線があまり気にならず、
気恥ずかしさもないなぁ、と。

500C、試乗しました。2回ほど。
とても良いです。「屋根が開くってこんなにも良いのか!」と再確認しました。
風の巻き込みがすごいわけではないのに、オープンにしている実感を感じることができる絶妙な具合に
「これしかない!」と思いました。

アバルトは最寄りのディーラーに扱いがなかったので、少し遠征して見に行きました。
試乗するとFIAT500より明らかにパワフル、見た目も少し変更されていて、若干男性的。
個人的な見た目の好みとしてはこちらかな、と思いました。

素のFIAT500の良さは言わずもがなです。
やはりキモはツインエアエンジン!このなんとも言えない「最新なのにポンコツ感」ある音と振動を奏でる
エンジンの魅力は他の何ものにも変えられないと思いました。

まず最初に選択肢から外したのがアバルトでした。
ネックとなったのは
①ツインエアエンジンでないこと、②小回りが利かないこと、③ディーラーが微妙に遠いこと
の3点でした。
アバルト、すごく良かったのですが、やはりツインエアエンジンに乗りたいという思いを優先しました。

500にするか500Cにするか、これは悩ましいものでした。
どっちもとても良かったですから。念願のツインエアですし。
ただ、この悩みはあっさりと決着したのです。「希望する仕様のテックハウスグレーの車体は半年待ち」という
納車事情によって。

これで全て決しました。
ボディ色は、キャンバス色はベージュのFIAT500Cを買う、と!!!

でも今ウチにいるのは
a0337788_11502490.jpg
500Cでもなければ赤くもありません。。。

ボディ色は、キャンバス色はベージュのFIAT500Cを契約するためにハンコを持ってディーラーに出かけて
なぜこのような結果になったのかについては、次回お話しさせていただきます。
それでは、良い休日を!

人気ブログランキングへ
[PR]
by 500life | 2015-01-18 11:52 | FIAT500


<< なぜCultになったのか FIAT500 Cultを買いました >>



人気ブログランキングへ