高速走行も意外といけます

a0337788_11095963.jpg
今日は高速走行のお話を。
875cc2気筒のエンジンの車」と聞いたらどう思いますか?
まあ普通は「遅いだろう」とか「高速の合流とか、危なくないか?」「100キロで走ったら怖いでしょ?」なんて思いますよね。
FIAT500のツインエアエンジン使用の場合、どれも不正解です。
意外なほど高速で良く走ります。気づけば制限速度という感じです。
つまり、100キロで走っても不安は全くなく、合流加速も全く危険じゃないってことです。
さすがはイタリア出身064.gif(実際の出生地はポーランドですが)ヨーロッパの交通事情に対応できるだけの実力はあります。

さて、875cc2気筒というと、もう一つ高速走行での疑問があると思います。
高速でうるさいのでは?」という疑問です。
その質問にはこう答えましょう。
はい。うるさいです024.gif
と。
100キロで走れば100キロなりの実感を持った騒音がします。
オーディオのボリュームを2〜3レベルあげたくなる感じです。
ただ、そもそもが全く静かな車ではないので、「今更何を?」という感じではあります。
「こうなるだろうと思っていました。」という感じの騒音です037.gif
とはいえ、不安になるような音ではありません。
「車を運転している!」と実感できるような音とでもいいましょうか。
うるさいけど不快ではない、というイタリア車表で良く聞くフレーズがぴったりの車です。
実際にイタリア車に乗ってみると、そういう論評の意味がわかるようになりました。
決して負け惜しみとかではないです!079.gif

それでは。
にほんブログ村 車ブログ イタリア車へ
にほんブログ村
[PR]
by 500life | 2015-01-30 11:29 | FIAT500


<< 寒い雨の日のドライブ クリスピークリームドーナツ >>



人気ブログランキングへ