初トラブル?

初トラブル発生です019.gif
とはいえ、クルマ本体の故障ではありません。
タイヤに釘が刺さりました。。。
a0337788_10280177.jpg
タイヤのトレッド面にシルバーの丸いものが刺さっているのが見えますかね?
後で分かったのですが、長さ7センチくらいの釘がブッスリと刺さっていました。

このトラブルで分かったことがあります。それは
チンクのタイヤ空気圧センサーは高性能
ということです。
TFTメーター搭載のチンクには、タイヤ空気圧を示す画面があります。
この画面では、正常であれば四輪共に「OK」マークが付いています。
そのタイヤ空気圧画面が、走行中に突然ピーッという音とともに警告を発しました。
a0337788_10280165.jpg
写真の通り、左リアの部分だけ赤く点灯し、その上で「OK」だった文字が「KO」という表示に変わりました。
当初私は「どうせセンサーの誤作動だろう」と思っていました。なんせイタ車ですから。
昔から電装系のトラブルやセンサー類の不調は頻発するものという話を聞いていたので、まあそんなものだろうと。
走行感覚としても違和感ありませんでしたからね。

そんなこんなで警告は出ているものの特に違和感なく目的地に着き、駐車場に車を止めたところで念のためチェックしてみました。
a0337788_10280008.jpg
左リアタイヤを触ってみたのですが、特に空気の抜けている様子はありません。
「やっぱりセンサーの誤作動か」
と思って車を離れようとした時に気づいたのが1枚目の写真です。
「あ、ブッスリいっとる。。。008.gif
焦りましたね。と同時に驚きました。
全然空気抜けた様子がないのにチンクのセンサーは検知しとる
ということに。

このあとディーラーさんに駆けつけ、タイヤ交換せずに補修だけで済みました。
ディーラーさんで見ていただいたところでも、空気はほとんど抜けていなかったそうです。
最近のイタ車のセンサー、ここまで敏感かつ正確なんですね!驚きました。
これからはチンクのセンサー、信頼しようと思います012.gif
ちなみに、「KO」の意味は不明です。空気(K)おもらし中(O)なわけないですよね006.gif

それでは。

[PR]
by 500life | 2015-03-01 10:58 | FIAT500


<< 農産物直売所と、ちょっとしたトラブル スマホナビについて >>



人気ブログランキングへ