佐原へ

久しぶりに佐原にある鰻屋「山田別館」に行きました。
a0337788_22003687.jpg
ここでは鰻丼、鰻重、直鰻重というメニューになります。
鰻丼は普通に鰻丼ですが、こちらの鰻重は蒲焼とご飯が別盛りになる、いわば蒲焼定食のようなもので、一般に言う鰻重は
直鰻重ということになります。
今日は鰻丼にしてみました。
a0337788_22003604.jpg
丼の蓋から鰻がこんにちは003.gifしています。
蓋をオープンすると
a0337788_22003635.jpg
どでかい鰻の登場です016.gif
このお店は二度目なのですが、肉厚の鰻を、関西風的な歯ごたえを残した形で焼き上げています。
「鰻を食べた」という実感を強く感じられるタイプの鰻丼です。
なお、鰻丼と直鰻重の間には、器の形以外違いがないものと思われます。値段も同じですし。
とても美味しくいただきました011.gif

次に訪れたのは「道の駅 発酵の里こうざき」です。
a0337788_22003515.jpg
こちらの道の駅では、一般的な道の駅の品揃えの他に、全国各地の発酵食品を取り扱っています。
a0337788_22003573.jpg
特に味噌と醤油については、普段スーパー等では見かけないような「地元の味噌醤油」を入手することができます。
今日は醤油を二種類手に入れました012.gif

さて、ウチのチンクはあと少しで1万キロというところです。
冬場はあまり遠出をしないことから、9000キロから1万キロへは結構時間がかかっています。
a0337788_22003751.jpg
ちなみに、チンク自体は絶好調です。
a0337788_22003779.jpg
a0337788_22003512.jpg
今日運転して改めて思いましたが、チンクを運転するのはとても楽しいです。
やっぱり、機械を操縦している感が強いことと、エンジンの存在感が楽しさの源泉のようです。
それに、内装の明るさも運転の気分を盛り上げますしね!016.gif

それでは、良い週末を!

[PR]
by 500life | 2016-02-20 22:16 | FIAT500


<< Amanpuloの思い出③ 自分で買う車に求めるもの >>



人気ブログランキングへ