118dとC-HR

クリスマス休暇に2台のクルマの試乗をしました。
1台は次期愛車候補本命の118dです。
a0337788_14362712.jpg
前回は白いStyle仕様でしたが、今回は赤いStyle仕様です。
今回、都内にしては割と長い距離の試乗コースで、渋滞路から登坂、ザラついた路面にフラットな路面と、バリエーションの
ある道を走行しました。
a0337788_14362854.jpg
結果として、118dの良さがよくわかりました。
ボディの剛性感、塊感はバッチリです。また、騒音もよく遮断されています。
アイドリング段階ではディーゼルエンジンを意識される音が遠くで聞こえる感じはしますが、走り出してしまえばそれも認識
できなくなります。ということは別の何かの音がしているはずなのですが、ロードノイズを意識させられるわけでもなく、
風切り音を意識させられるわけでもなく、エンジンの回転音はしているものの、どの音も不快さを感じさせず、取り立てて
意識させられる様な感じのしない「音はしているのにうるさくない」といった感じの車内になります。
信号が青に変わった後の発進や、20〜30キロから加速する様な合流においては、2リッターディーゼルエンジンの優秀さを
まざまざと感じさせられます。今のカブリオのエンジンは、少し多めに踏むととてもトルクフルで加速も良いのですが、
アイドリングレベルから少し上の回転、1500回転から2000回転へ向かう様なところで加速すると、ギアリングによっては
少しギクシャクしたり、加速が悪かったりします。一方の118dは、アイドリングレベルからとてもスムーズな加速で、
カブリオと同様のアクセル操作をしようものなら、公道で出してはいけない速度まですぐ行きそうな感じです。
公道を流しているときのエンジン回転数は1600回転程度でした。燃費も良さそうです。
一方でステアリングの剛性感とか、少しハンドルを切ったときの揺れ感はカブリオも負けていませんでした。
アイドリング時の振動のなさもカブリオは負けていません。
改めてカブリオの出来の良さも感じました。

その流れでもう一台、これまた興味のあったC-HRに試乗しました。
グレードはGのハイブリッドです。カブリオとツーショットしてみました。
a0337788_14362880.jpg
こうしてみると、だいぶ容積の大きいクルマに見えます。
さて乗り出してみると、慣れ親しんだトヨタのハイブリッドです。
ですので、全く何の違和感もなく乗っていけます。車体の見切りの感じも、いつものトヨタな感じです。
とても扱いやすい車ですね。
以前、現行型プリウスを旅先でレンタカーしましたが、その時にTNGAの出来の良さに感心した覚えがあります。
C-HRについても、この印象は同様でした。
a0337788_14362839.jpg
以前所有していた20系プリウスと比べると、とにかく全てががっちりしています。
直前に乗った118dやうちのカブリオと比較すると、例えばステアリングの剛性感などには少し線の細さを感じるのですが、
それは決して悪い印象を与えるのではなく、逆に「重苦しさを感じない、しなやかな感じの操舵感」といった風に感じられます。
視界もとても良好で、座面位置が高いこともあってか見晴らしも上等です。
とにかく全てが自然で違和感がなく、いきなり乗ってすぐに馴染める感じ。いい意味で「あ、トヨタだ」という安心感が
あるというか。動きは全て運転者の期待通り、意思通り。何の余計な意識もさせられることなく運転ができます。
一方で、乗り心地については「プリウスの方がいいな」と感じさせられました。
例えば道路にある目地段差を越えるとき、C-HRでは一度「ドンッ」という突き上げが来ます。
と言ってもカドのある様な突き上げではなく、段差を超えたことが明確に分かる程度の突き上げです。
この突き上げ感について、プリウスの方がカドが丸まっていて、ソフトないなしでよかったなと思いました。
ただ、乗ったプリウスがツーリング仕様ではないものでしたので、ツーリング仕様にすると同じ様な突き上げ感になるのか?
という気がしないでもありません。タイヤに由来してるものかもしれないなとも思うので。
静粛性については、直前に乗った車が良すぎたのだと思います。118dと比べてしまうとロードノイズが大きく、エンジン音の
雑味部分の音も大きく感じられました。ただ、プリウスの記憶ではそんなこともなかったので、これもC-HRならでは?

ということで、118d、C-HR、プリウスPHVを次期愛車候補としてきていたわけですが、試乗してみた結果として、118dか
プリウスPHVにしようと思いました。
C-HR、良い車なのですが、近くで見ると容積的に大きさが際立つことと、同門のプリウスの乗り味の方が好みということで。
プリウスPHV、そんなに多くの試乗車が配備されるとは思えませんが、出たら是非乗りたいなぁ。
プリウスより重くなっている分、乗り心地もよりしっとりしていることを期待しています。
ただ難点として、本質的には無目的な、ただドライブすることだけが目的のドライブが大好きなんですが、エコカー中のエコカー
であるところのプリウスPHVでそういうことをする事に、罪悪感を感じないでもないというか。。。
そういう使い方を考えると、FRという118dの特徴に強く惹かれる部分も多く。
ただ、プリウスPHVの最新テクノロジー結集具合はガジェットマニア的意味で垂涎でもあり。。。
Sナビパッケージ仕様には大型ディスプレイが付き、オプションでソーラーパネルもつけられるそうで。
一番興味があって、一番欲しいのはこのソーラーパネルなんですよね。あれいいなぁ035.gif

ということで、皆様今年一年ありがとうございました。
良いお年を。

[PR]
by 500life | 2016-12-28 15:22 | クルマ選びと試乗


<< 買ってしまった… 最近小忙しく >>



人気ブログランキングへ