ブリヂストンでした!

a0337788_20091097.jpg
久しぶりのBSです。
TURANZA ER300 RFTの205/55R16 91Wサイズでした。
BMWは最近、標準装着のタイヤがランフラットになっているとのことですが、このタイヤ、ランフラットのイメージからすると大分硬さを感じさせない乗り味になっています。
昔のランフラットのイメージでガツガツくるのかと思っていましたが、十二分に柔らかい乗り心地です。
チンクはコンチネンタルだったこともあり、結構硬い乗り心地でした。
カブリオはチンクト比べると大分穏やかで柔らかい乗り心地でした。特に60キロから100キロにかけての速度域で流していると、かなりフラットで柔らかい乗り心地を楽しめる車でした。ですから、カブリオで高速を流すのはかなり快適でした。
それと比較して、118dは0〜80キロまでの速度域でカブリオを上回るほどの柔らかい乗り心地になっています。カブリオは低速で(ミッションの変速時振動のせいもあり)少し硬く、震える印象を与える車でしたが、118dはウルトラスムーズなミッションと柔らかめの足のせいもあり、大分ゆったりと快適な乗り心地になっています。
一方で100キロ近辺だと、シッカリ感が先に立つ印象で、カブリオと比較すると硬めでスポーティーに感じます。
カブリオの美点の一つに高速での直進安定性がありましたが、118dはそこには及ばないものの、十分な直進安定性を見せます。
それでいて、ステアリング操作に対する正確な反応と、踏めば踏んだだけタイムラグなくパワーの出るエンジンのおかげで、高速での移動はとても快適なものになっています。先日も一気に200キロくらい走りましたが、驚くほど疲労を感じませんでした。
これは見切りの良い視界、シッカリとポジションの取れるシート、正確なハンドリング、トルクフルなエンジン、抑えられたノイズ、がっちりとしたボディが相まって、ストレスのない走行が出来ることに起因するのではないかと思っています。
去年、カブリオで新潟に、一昨年チンクで富山へ行きましたが、今年はそれらの時よりもかなり楽に、遠くまで行けそうな予感です。
プランとしては、秋田か山口まで行ってみようかなぁなんて思っています。長い休みが取れればですけどね。
a0337788_20091164.jpg
それでは。

[PR]
by 500life | 2017-02-09 17:38 | 118d


<< ACCがやっぱり便利 iDrive >>



人気ブログランキングへ