山道も楽しい

昨日の土曜日、相模湖の方まで行ってみました。
a0337788_09295076.jpg
圏央道の高尾山インターから相模湖までの間、国道20号線を走ってみました。
この道はそれほどきつい山道ではないのですが、それなりにクネクネとしている道です。慣らし運転でFRの楽しさを感じるには最適な道かな、と。
走ってみて、118dの素直な操縦性を堪能することができました。やらりFRであることが効いているのか、あるいはFRであるからこそ実現できている重量配分が効いているのかは分かりませんが、ハンドル操作に対してとても素直に旋回します。
ブレーキ操作やアクセル操作で荷重移動させると、それが低い速度域の話であっても、その荷重移動に旋回性が影響されるところに「機械を操っている感」を感じることができて、運転することの楽しさを感じさせてくれます。
そして何と言ってもエンジン。コンフォートモードを使っている今の走行パターンですと、回転数自体は高くても2000そこそこといったところですが、その領域でも力強いトルク感が得られます。まさに「グイグイ山を登っていく」感が満喫できます。
ただ、山道で1000回転少々で走っているときにアクセルを少しだけ踏み足したような状況では、それほど力強い感覚は得られませんでした。そうは言ってもきちんと加速するのですけれど、1500回転超えているときのグイグイ感と比較すると弱いっていう位の話なんですけどね。少し強めに踏めばキックダウンが起こり、とても力強い加速が得られるので、解決策は「踏め」という当たり前の話か、あるいはスポーツモードにする、もしくはシフトレバーを左に倒してマニュアル操作ってことなんですかね。
いずれにせよ、118dの山道性能は文句のつけようのないものでした016.gif
今後いろいろなところに行くのがさらに楽しみになりました。温泉とかへのアプローチは特に楽しそうです024.gif

a0337788_09243041.jpg
さて、こんなことをしての燃費ですが、どうやらとてもいい感じで推移しています。
a0337788_09243123.jpg
相模湖から帰ってきた後にオンボードコンピュータの数値を見てみたところ、走行可能距離が952キロになっていました。
前回給油直後に921キロ表示だったので、給油後140キロ走行して41キロ走行可能距離が伸びた計算です。
この140キロは高速が6割位、その内4割くらいがACC走行でしたので、燃費条件としては良かったからだと思います。
オンボードコンピュータの走行可能距離を信じるなら、1回の給油で1100キロ走行が可能ってことですね。タンク容量52リットルなので、想定燃費は21km/lってことですね。JC08モードの燃費が22.2km/lですから、かなり近いところまで行けそうですね066.gif

それでは。

[PR]
by 500life | 2017-02-19 09:55 | 118d


<< ブログ、お引越しします 118dの燃費 >>



人気ブログランキングへ