カテゴリ:クルマ選びと試乗( 22 )

買ってしまった…

やってしまった…
買ってしまいました。
来週納車されてしまいます。
002.gif008.gif009.gif012.gif016.gif016.gif016.gif016.gif016.gif
やってしまった…
悪い病気です。

[PR]
by 500life | 2017-01-19 20:24 | クルマ選びと試乗

118dとC-HR

クリスマス休暇に2台のクルマの試乗をしました。
1台は次期愛車候補本命の118dです。
a0337788_14362712.jpg
前回は白いStyle仕様でしたが、今回は赤いStyle仕様です。
今回、都内にしては割と長い距離の試乗コースで、渋滞路から登坂、ザラついた路面にフラットな路面と、バリエーションの
ある道を走行しました。
a0337788_14362854.jpg
結果として、118dの良さがよくわかりました。
ボディの剛性感、塊感はバッチリです。また、騒音もよく遮断されています。
アイドリング段階ではディーゼルエンジンを意識される音が遠くで聞こえる感じはしますが、走り出してしまえばそれも認識
できなくなります。ということは別の何かの音がしているはずなのですが、ロードノイズを意識させられるわけでもなく、
風切り音を意識させられるわけでもなく、エンジンの回転音はしているものの、どの音も不快さを感じさせず、取り立てて
意識させられる様な感じのしない「音はしているのにうるさくない」といった感じの車内になります。
信号が青に変わった後の発進や、20〜30キロから加速する様な合流においては、2リッターディーゼルエンジンの優秀さを
まざまざと感じさせられます。今のカブリオのエンジンは、少し多めに踏むととてもトルクフルで加速も良いのですが、
アイドリングレベルから少し上の回転、1500回転から2000回転へ向かう様なところで加速すると、ギアリングによっては
少しギクシャクしたり、加速が悪かったりします。一方の118dは、アイドリングレベルからとてもスムーズな加速で、
カブリオと同様のアクセル操作をしようものなら、公道で出してはいけない速度まですぐ行きそうな感じです。
公道を流しているときのエンジン回転数は1600回転程度でした。燃費も良さそうです。
一方でステアリングの剛性感とか、少しハンドルを切ったときの揺れ感はカブリオも負けていませんでした。
アイドリング時の振動のなさもカブリオは負けていません。
改めてカブリオの出来の良さも感じました。

その流れでもう一台、これまた興味のあったC-HRに試乗しました。
グレードはGのハイブリッドです。カブリオとツーショットしてみました。
a0337788_14362880.jpg
こうしてみると、だいぶ容積の大きいクルマに見えます。
さて乗り出してみると、慣れ親しんだトヨタのハイブリッドです。
ですので、全く何の違和感もなく乗っていけます。車体の見切りの感じも、いつものトヨタな感じです。
とても扱いやすい車ですね。
以前、現行型プリウスを旅先でレンタカーしましたが、その時にTNGAの出来の良さに感心した覚えがあります。
C-HRについても、この印象は同様でした。
a0337788_14362839.jpg
以前所有していた20系プリウスと比べると、とにかく全てががっちりしています。
直前に乗った118dやうちのカブリオと比較すると、例えばステアリングの剛性感などには少し線の細さを感じるのですが、
それは決して悪い印象を与えるのではなく、逆に「重苦しさを感じない、しなやかな感じの操舵感」といった風に感じられます。
視界もとても良好で、座面位置が高いこともあってか見晴らしも上等です。
とにかく全てが自然で違和感がなく、いきなり乗ってすぐに馴染める感じ。いい意味で「あ、トヨタだ」という安心感が
あるというか。動きは全て運転者の期待通り、意思通り。何の余計な意識もさせられることなく運転ができます。
一方で、乗り心地については「プリウスの方がいいな」と感じさせられました。
例えば道路にある目地段差を越えるとき、C-HRでは一度「ドンッ」という突き上げが来ます。
と言ってもカドのある様な突き上げではなく、段差を超えたことが明確に分かる程度の突き上げです。
この突き上げ感について、プリウスの方がカドが丸まっていて、ソフトないなしでよかったなと思いました。
ただ、乗ったプリウスがツーリング仕様ではないものでしたので、ツーリング仕様にすると同じ様な突き上げ感になるのか?
という気がしないでもありません。タイヤに由来してるものかもしれないなとも思うので。
静粛性については、直前に乗った車が良すぎたのだと思います。118dと比べてしまうとロードノイズが大きく、エンジン音の
雑味部分の音も大きく感じられました。ただ、プリウスの記憶ではそんなこともなかったので、これもC-HRならでは?

ということで、118d、C-HR、プリウスPHVを次期愛車候補としてきていたわけですが、試乗してみた結果として、118dか
プリウスPHVにしようと思いました。
C-HR、良い車なのですが、近くで見ると容積的に大きさが際立つことと、同門のプリウスの乗り味の方が好みということで。
プリウスPHV、そんなに多くの試乗車が配備されるとは思えませんが、出たら是非乗りたいなぁ。
プリウスより重くなっている分、乗り心地もよりしっとりしていることを期待しています。
ただ難点として、本質的には無目的な、ただドライブすることだけが目的のドライブが大好きなんですが、エコカー中のエコカー
であるところのプリウスPHVでそういうことをする事に、罪悪感を感じないでもないというか。。。
そういう使い方を考えると、FRという118dの特徴に強く惹かれる部分も多く。
ただ、プリウスPHVの最新テクノロジー結集具合はガジェットマニア的意味で垂涎でもあり。。。
Sナビパッケージ仕様には大型ディスプレイが付き、オプションでソーラーパネルもつけられるそうで。
一番興味があって、一番欲しいのはこのソーラーパネルなんですよね。あれいいなぁ035.gif

ということで、皆様今年一年ありがとうございました。
良いお年を。

[PR]
by 500life | 2016-12-28 15:22 | クルマ選びと試乗

最近小忙しく

最近小忙しく、なかなか遠出する機会もありませんでした。
そんな中、こんなクルマに試乗してみたり012.gif
a0337788_10012095.jpg
写真はMスポーツ仕様ですけど、Style仕様の118dに乗ってみました。
a0337788_10011950.jpg
1シリーズはカブリオ買う時も4気筒の118iに乗っていますが、118dはそれよりもさらにいい感じでした。
次期型は後輪駆動を止めてしまうという噂もあるし、最新のディーゼルエンジンにも興味があるし、
次の乗り換えは118dを中心に考えてみようかなぁ078.gif
ちなみに、このMスポーツ仕様にはサンルーフ付いていました。開け閉めもしてみましたが、開口部は大きくないものの、
ガラスはルーフの中にすっきりと納まり、カブリオ程の開放感には程遠いものの、妥協できる範囲かなと。
他に興味があるのはC-HRとプリウスPHVですかね。

それでは。

[PR]
by 500life | 2016-12-25 10:11 | クルマ選びと試乗

ACCはとても便利

最近のクルマにはいろいろと先進装備が付いています。
最近乗ったレンタカーでは、先日のプリウスとその前のヴェゼルにACCが付いていました。
この装備、ご存知の通り前車の走行に合わせて追従してくれるクルコンです。

プリウスについていたのはToyota Safety Sense Pのレーダークルーズコントロールでした。
a0337788_17051173.jpg
ヴェゼルについていたのはHonda SensingのACCでした。
a0337788_17051265.jpg
目的は同じ機能ですが、プリウスとヴェゼルで使い勝手は大きく違いました。
まず違ったのが前車をどれだけ捉えられ続けるのか、という部分です。
プリウスは山のクネクネ道でも、かなり前車を捉え続けてくれました。
一方ヴェゼルは、山のクネクネ道では結構早めに前車を見失い、設定速度まで加速しようとする印象でした。
もともと山道で使う様な機能ではありませんが、プリウスのACCなら十分実用になる印象でした。
また、プリウスは全車速対応なのに対し、ヴェゼルのものは車速30キロが下限であるため、渋滞の中で這いずり回る様な
状況ではプリウスの快適さが際立ちました。
前車が止まれば勝手に止まってくれますし、再スタートはアクセルをちょっと踏めばいいだけですしね。
噂ではスバルのアイサイトはこれよりも良いとか。
また、以前試乗したボルボのインテリセーフも全車速対応で非常に快適だった覚えがあります。
技術の進化ってすごいですね。
次乗り換えるクルマには是非ついていて欲しい機能だと思いました。
今の段階で次のクルマに欲しいのは
  • ACC
  • 自動ブレーキ
  • ブラインドスポットモニター
  • オープンする屋根(キャンバストップならなお可。大きく開くならスライディンググラスルーフでも可)
  • 柔らかい乗り心地
  • 静かな車内
  • ハイブリッドもしくはPHV
  • 革内装
  • 明るい内装色
  • 黄色もしくは明るいソリッドカラーの車体色
ざっと調べてみたところ、こんなクルマ存在しないんですよね。。。それが今の悩みです。
どこか、こんなクルマ発売してくれないですかね。確実に一台だけは売れますよ037.gif

それでは。

[PR]
by 500life | 2016-10-14 17:29 | クルマ選びと試乗

連休はプリウスで

この三連休、中国・四国地方に行ってきました。
借りたレンタカーはこちら。
a0337788_17550299.jpg
モデルチェンジしてそろそろ一年が経つプリウスです。
現行プリウス、モデルチェンジ直後に試乗はしましたが、都内を短い時間走るだけでは消化不良だったので、
トヨタレンタカーで車種指定して借りてみました。
初代、二代目とプリウスを乗り継いでいたこともあり、非常に興味がありました。
a0337788_17550329.jpg
現行型も街中でたくさん見かける様になりましたが、未だにかなり尖ったデザインだと感じます。
結構好き嫌いある様ですが、私は好きです。
a0337788_17550393.jpg
空力のためなのか、ボンネットにフラットな部分があったり
a0337788_18021662.jpg
サイドミラー前にフィンがあったり
a0337788_18021615.jpg
と、燃費向上のための工夫が随所に施されている様です。
理系人間としては、こういうディテール大好きです012.gif

車内に目を移すと、メーターは伝統のセンターメーターです。
a0337788_18021657.jpg
これもまた好き嫌いある様ですが、私は大好きです。個人的にはセンターメーターの方が見やすく感じています。
不満点として感じたのは、ナビの位置です。
ご覧の通りの低め位置に設置されているため、あまり見やすいものではありませんでした。
実は、新型プリウスに3日乗り、機能的な意味で感じた不満はこの一点だけでした。
それほど完成度の高いクルマでした。

さて、肝心の乗り味です。
初代プリウスは、とても牧歌的な感じのクルマでした。
全てがゆったりとしていて、穏やかな性格の乗り心地でした。
それは逆に言うと、運転していて楽しいという性格ではないということでもありました。
安楽だったですけどね056.gif
二代目プリウスは、一転して固めの乗り心地でした。
どこか突っ張っているというか、サスペンションが動いていない感じがするというか、初代とは180度違った性格
と感じられる様なクルマでした。この感じが嫌で、3代目には乗り換えなかったことを記憶しています。
そしてこの4代目、これ、移動手段としてはほぼ完璧な乗り物じゃ無いですか?019.gif
正直言って、ウチのカブリオよりも乗り心地良いかもしれません。
目地段差のいなしや、荒れた路面のいなし、うねりのいなしなど、カブリオと同じかそれ以上に柔らかくこなします。
また、カーブでのハンドリングにしても、初代の様な曲がりたがらない性格もなく、ハンドルを切ったら切っただけ、
素直に曲がって行きます。ただ、高速道路でのカーブでは、わざとだと思うんですけどハンドルの効きをダルにして
いる感じがあり、その点はカブリオに分があるなと感じました。
a0337788_17550384.jpg
静粛性については、初代からの良い点を引き継いでいます。
ただ、パワートレイン系や風切り音が静かなせいもあり、ロードノイズがやたらと目立つ感じではありました。
絶対的な音量は少ないのですが、ロードノイズだけ目立って聞こえるので、気になるといえば気になります。
この部分が改善されたものが欲しければレクサス買ってくれって話なんですかね。

さて燃費です。
今回の行程は約640キロでした。
a0337788_17545717.jpg
給油量は22リットル。実にリッターあたり29キロ走りました!
初代は頑張っても20キロ少々だったので、大幅な進化です。
いやほんと、すごいクルマです。
今度出るC-HRや、このプリウスをベースにした新型レクサスCTには期待大です。
そしてプリウスPHVもですね!
TNGA採用のハイブリッド、次期愛車候補に急浮上です。
それにしてもいいクルマだった!

それでは。

[PR]
by 500life | 2016-10-11 18:30 | クルマ選びと試乗

ヴェゼルハイブリッドをレンタカーしました

先日もちらっと書きましたが、ヴェゼルハイブリッドのAWDを北海道でレンタカーしました。
a0337788_20134678.jpeg
走ったルートは以下の様な感じです。
a0337788_17124633.jpg
寄り道せずにまっすぐ走った場合には約600キロの行程です。
色々と寄り道したので、1週間で1200キロほどの走行となりました049.gif
a0337788_17124761.jpg
さてさてヴェゼルハイブリッドですが、1週間乗った印象としては「普通の車」というものでした。
これ、決してネガティブな意味のコメントじゃありません。
初めて乗った車ですが、特になんの違和感もなく、すんなりと馴染めたという意味です。
つまり、総合的に見て乗りやすい車だったんだと思います036.gif

最近の日本車ですから、装備もすごく近代的なものでした。
安全装備はこんな感じです。
a0337788_17130573.jpg
この中でも、レーンキープアシストはかなり積極的に介入してくる感じでした。ちょっと白線に寄るだけで画面警告と
ハンドルぷるぷるのお仕置きが待っています。
ACCも試してみましたが、悪くはないものの、あまり積極的に使いたくなる感じのものではありませんでした。
ブレーキ踏んだりすると解除になってしまい、いちいち再設定するのが面倒で。
それと、カーブが連続する様な環境では前車を見失ってしまい、急に加速することもありました。
現段階では(当たり前ですが)高速道路限定の装備って感じでした。
以前乗ったボルボのV40ではほとんど自動運転感覚だったので、今の所あのレベルにはないのかな、と。
a0337788_17130566.jpg
夏のこの時期ですから、AWDを感じることはできませんでした。
そしてこのクルマ、ミッションはいわゆるDCTなんですね。乗ってる限りではCVTかと思ってました。
そのくらいミッションはスムーズです。
以前乗っていたザビートルのDSGは結構ギクシャクしたので、それと比べればウルトラスムーズな感じです。

車内装備も充実していました。
特に気に入ったのはこのカップホルダー。
a0337788_17130027.jpg
2リットルのペットボトルと500ミリのペットボトルが同時に収納できます。
カブリオにはカップホルダーと呼べる様なものがないので、これは重宝しました016.gif
a0337788_17125591.jpg
ドア内張りもファブリックが貼られ、肘掛け部分も(フェイク?)レザー貼りで触り心地良好です。
a0337788_17125555.jpg
荷室も広々。写真のトランクは機内持ち込み可能サイズの小さなものですが、大型トランクでも軽々行けそうです。
この辺もカブリオとは雲泥の差ですね004.gif

エアコンの操作は物理ボタンなしのタッチ式でした。
a0337788_17125574.jpg
これ、結構使いにくかったです。特に運転しながらでは。
どこ押してるのかもわからないですし、どれ位変化させられたのかも直感的にはわかりませんでした。
期待のカクタスや新型C3も物理ボタン無しの様ですが、個人的にはエアコン操作は物理ボタンがいいなあと思いました。

次に操作系なのですが、戸惑ったのがエンジンスタートとストップを含めた指導停止操作です。
a0337788_17125501.jpg
ヴェゼルはエンジンスタートボタンでエンジン操作、ボタン式パーキングポジション、電子パドル式のパーキングブレーキでした。
これが慣れていないがために面倒で015.gif
特に運転終了の時なのですが、Pボタンを押し、パーキングブレーキパドルを上げ、ブレーキ踏みながらエンジンボタンを押す、
という手順になります。
これ、手数的にはカブリオと変わらないのですが、全てが軽く操作できるため、手順を忘れてしまうことがあって008.gif
簡単であるがゆえに、逆にめんどくさく感じてしまうという状態でした。
Pボタン押したらパーキングブレーキも一緒にかかってくれればいいのに028.gifとか思ってました。

a0337788_17130150.jpg
さて肝心の走りですが、これまた特に印象に残るものはありませんでした。
気になった点としては、
  • 追い越し時にエンジン音が盛大にするのに、意外と加速は弱い
  • 路面の凹凸やうねりをかなり素直に拾う
  • シートバックの出っ張り(背中のカーブに合わせた出っ張り)の位置が高すぎで背中に違和感がある
良かった点としては
  • 思い切った加速さえしなければ静か
  • 燃費が良いこと(レギュラーガソリンなので経済的にも助かります)
といった感じです。
今日東京でカブリオに乗ったのですが、やはり乗り心地の柔らかさには違いを感じました。
カブリオって、シートの柔らかさも相まって、路面の凹凸やうねりの角を丸めた感じで伝えてくるんですよ。
これが乗り心地の良さを評価する際には大きな差になると感じました。
ただ一方で、今日カブリオを運転して、今まで感じていなかった操作系の重さを感じました。
ヴェゼルは結構操作系が軽かったんだなと認識しました。ただ、違和感は全くなかったので、いい軽さだったんだと思います。

a0337788_17130054.jpg
今回ヴェゼルを借りましたが、レンタカーとしての印象は前回乗ったポルテがナンバーワンのままという結論です。
ヴェゼルはいいクルマだと思います。でも、何か「売りになる尖った部分」が無い感じで。
ヴェゼルに乗りながら、すれ違うスズキイグニスとか、マツダCX3とかに目がいってしまいました。
もちろんマツダロードスターにも012.gif
本当はロードスターを借りたかったのですが、ロードスター1週間借りたらえらい出費になってしまうので007.gif
ロードスターやS660は無理としても、コペンを安価に貸してくれるレンタカー屋さんがあればいいのですが016.gif
夏の北海道でオープンカー、最高だと思います。
次は是非、オープンカーで北海道をドライブしてみたいと思いました。
ちなみに、カブリオを含めDS3には1台も会いませんでした007.gif

それでは。

[PR]
by 500life | 2016-07-24 18:02 | クルマ選びと試乗

ホンダヴェゼル

ここ数日、ホンダヴェゼルハイブリッドの4WDモデルをレンタカーして乗っています003.gif
a0337788_20134678.jpeg
出先からなので簡単に感想を。
全体としては「普通」という感想です。
運転はし難くもなく、特にし易くもなく。あまりどこにも違和感は感じません。
乗り心地はフォルクスワーゲンのザビートルを思い出しました。
全体的に硬く、道路の継ぎ目みたいな軽いギャップは綺麗にいなすのですが、少しギャップが大きくなると、
サスペンションでいなす感じではなく、ボディ全体でギャップをトレースする様な感じで、結構な勢いで揺すられます。
ウネリを乗り越える様な場面では、そのウネリを素直に全て伝えてくる様な感じです。
サスペンションが突っ張ってる様な感じを受けます。
なお、ウネリやギャップを超えたあとの揺れ残りみたいなのは全く感じません。
1日200キロペースで走ってますが、シートが合わないこともあり、結構疲労は大きい感じです。

それでは。


[PR]
by 500life | 2016-07-19 20:12 | クルマ選びと試乗

買っちゃいました

新しい車、買っちゃいました006.gif
納車はまだなので、正確には「注文しちゃいました」ですかね。
何を買ったかは、納車後におしらせします。

しかし、チンクは意外とリセールがいいんですね016.gif
1.5年落ち、1万キロ走行の個体で、対車両本体価格比60%を超える下取り価格でした。
この辺からも、人気車だって事がよくわかります。
まさか車齢もより若く、走行距離も短く、本体価格も高かったザビートルより高値で売れるとは049.gif驚きでした079.gif

本日はご報告まで。
それでは。

[PR]
by 500life | 2016-03-26 18:38 | クルマ選びと試乗

クルマ選び

今、とても悩んでいます。クルマ選びで。
今の時期に買い換えるべきか、それとももう少し待つべきか。。。044.gif
判断のための要素として、消費税増税が予定されていることがあります。
来年の4月の予定ですが、いわゆる決算期はこの3月と今年の9月が残るのみで、もちろん来年3月の決算期もあるのですが、
そこは直前需要で、色々な意味で厳しいでしょうから。

ここで書いていることからもおわかりの通り、今のチンク、とても気に入っています016.gif
何より形が大好きです。色が大好きです。
a0337788_21003313.jpg
遠くから見ても、はっきりウチの車だってわかります。いつ見てもいい形だなぁ、いい色だなぁと思っています012.gif

ツインエアエンジンの音と振動も大好きです。
苦しい時には「苦しい」と明確に音と振動で伝えてきますし、気分良く回ってる時は本当に軽快な音と、ピュンピュン回る
回転フィーリングで答えてくれます。
エンジンがどんな状態なのか、明確に伝えてくれることが、このエンジンと付き合う楽しさの源だと思っています049.gif

乗り心地も悪くないですし、ハンドリングも素直ですし、本当に大好きです。
ただ一方で不満もあって、その中の最大のものが「屋根があかない」事なんです029.gif
これはもちろん、Cの方を買わなかった自分のせいなので、この問題を解決するために買い替えかな?というところで047.gif
あとはロードノイズが気になります。これはウチのチンクのタイヤがコンチである事が理由かと思います。
ディーラーさんで乗ったピレリを履いたチンクは、これほどうるさくなかったので。

ウチの場合、車庫が機械式タワーパーキングである事情から、サイズ制限があります。また、持てる車の台数も1台限りです。
複数台持てるなら、1台の車に色々求めなくてもいいのですが、1台だけだとハードル高くなりますよね。
例えば2台持てるなら。。。023.gif現実的な範囲の理想の組み合わせは
 車庫のサイズを考えなくていい場合:ランクル200とフィアット500C
 車庫サイズが今と同じ場合:シトロエンC3とホンダS660
ですかね。
やはり1台は屋根の開くクルマにしたいですし、1台は4枚ドアのクルマにしたいと思います。
高速を長距離走る時に快適な車も1台は持っておきたいし、1台は街中て扱いやすい車が欲しいという感じです。
そういう意味では、ランクルはシトロエンC4ピカソや、DS5になってもいいなと。

とはいえ、物理的に2台持てない事情がありますので、この両車の役割を1台で満たしたいということになり。。。
悩まざるをえない事になっているわけです042.gif
先日ブログに書きましたが、候補はツインエアの500Cと、シトロエンDS3カブリオの2台です。
a0337788_11292243.jpg
a0337788_11292972.jpg
500Cだと、見た目は完璧、運転感覚は勝手知ったるもの、一方で高速の快適さはロードノイズを主な問題としてそこそこ。
DS3だと、見た目はチンクほどではなく、運転間隔は未知数、ただ静粛性や乗り心地の良さは印象的。
つまり、とても良い2つの選択肢で迷っているという状態なのです。
さて、どうすべきか。
今年度末の決算期商戦に間にあわせるには、決断の期限は今週末です。
さて、どうする076.gif076.gif076.gif

それでは。

[PR]
by 500life | 2016-03-20 11:30 | クルマ選びと試乗

伏兵、シトロエンC3!

前回書いた通り、シトロエンのディーラーへ、DS3の試乗に出かけました。
その際、それまで全く気にしていなかったクルマに強烈に惹かれてしまったのです。
それがC3でした。
a0337788_18154717.jpg
a0337788_18154882.jpg
何に惹かれたって?それは。。。
a0337788_18051465.jpg
これです、これ。
上の写真をご覧いただいて、何か違和感を感じませんか?
そうです、バックミラーが空中に浮いているのです019.gif

というのは当たり前ながら嘘で、このC3、フロントウインドウが異様に大きいのです!
a0337788_18205726.jpg
これ、ゼニスウインドウを言うそうですが、どれだけでかいかというと、ちょうど運転者の頭の真上くらいまでが
フロントウインドウになっているほど大きいのです037.gif
これ、開放感抜群です。
正直、オープンモデルのDS3カブリオよりも開放感あります。
実際に走ってみると、その見晴らしの良さは圧巻でした。
とにかく車内は明るいですし、はるか先まで見えますし、信号や道路標識の見やすさときたら、これまで経験したことの
ないレベルです。いやーすごいですよ、これ016.gif

走りも素晴らしいものでした。
C3はDS3と異なり、同じ1.2のエンジンでもターボがつかないのですが、普通に市街地走ってる分には動力性能に不満は
全くありませんでした。
何より良いのは、ミッションです。このC3、ミッションがチンクと同じようなAMTなのです。
しかも、パドル付き029.gif
AMTになれない人には不評なこともあるそうですが、普段チンクに乗ってる私としては、全く違和感がないものでした。
Dレンジ走行時のギクシャク感もチンクより少ない感じでしたしね。
それとこのAMT、クリープするのです。擬似的にクリープを作っているそうで、普通のATから乗り換える人にも違和感
少なそうな感じです(私はチンクのような「アクセル踏まないと走らない」タイプが好きですが)。
そして、シートはレザー。しかもふんわりと座り心地の良い、フランス車らしいシートです。
これ、試乗したグレードがSeduction Leatherという特別仕様車だったからなのですが、やはりレザーシートは良いなと
思いました。ちょっと滑りやすいタイプのレザーでしたけどね。
そしてそして、乗り心地の良さは絶品です。ふんわりふわふわと路面をいなしていきます。いやー、至極快適です012.gif
これ、同乗者の評価はものすごく高いと思いますよ。

C3の良さには本当に驚きました。
ポルテもそうでしたが、クルマって実際に触れて、乗ってみないとわからないものですね。
見た目の趣味的にC3を買うことはないと思いますけど、仮に見た目が先代C3だったら。。。

今まで全くと言って良いほど購入対象として考えていなかったシトロエンですが、とても印象的でした。
モーターショーで感心したC4カクタスといい、C3とDS3といい、好きなタイプの車がたくさんあります。
近い将来、シトロエンオーナーになっている予感がビンビンします。

それでは。

[PR]
by 500life | 2016-03-08 18:41 | クルマ選びと試乗





人気ブログランキングへ