タグ:レンタカー ( 6 ) タグの人気記事

ACCはとても便利

最近のクルマにはいろいろと先進装備が付いています。
最近乗ったレンタカーでは、先日のプリウスとその前のヴェゼルにACCが付いていました。
この装備、ご存知の通り前車の走行に合わせて追従してくれるクルコンです。

プリウスについていたのはToyota Safety Sense Pのレーダークルーズコントロールでした。
a0337788_17051173.jpg
ヴェゼルについていたのはHonda SensingのACCでした。
a0337788_17051265.jpg
目的は同じ機能ですが、プリウスとヴェゼルで使い勝手は大きく違いました。
まず違ったのが前車をどれだけ捉えられ続けるのか、という部分です。
プリウスは山のクネクネ道でも、かなり前車を捉え続けてくれました。
一方ヴェゼルは、山のクネクネ道では結構早めに前車を見失い、設定速度まで加速しようとする印象でした。
もともと山道で使う様な機能ではありませんが、プリウスのACCなら十分実用になる印象でした。
また、プリウスは全車速対応なのに対し、ヴェゼルのものは車速30キロが下限であるため、渋滞の中で這いずり回る様な
状況ではプリウスの快適さが際立ちました。
前車が止まれば勝手に止まってくれますし、再スタートはアクセルをちょっと踏めばいいだけですしね。
噂ではスバルのアイサイトはこれよりも良いとか。
また、以前試乗したボルボのインテリセーフも全車速対応で非常に快適だった覚えがあります。
技術の進化ってすごいですね。
次乗り換えるクルマには是非ついていて欲しい機能だと思いました。
今の段階で次のクルマに欲しいのは
  • ACC
  • 自動ブレーキ
  • ブラインドスポットモニター
  • オープンする屋根(キャンバストップならなお可。大きく開くならスライディンググラスルーフでも可)
  • 柔らかい乗り心地
  • 静かな車内
  • ハイブリッドもしくはPHV
  • 革内装
  • 明るい内装色
  • 黄色もしくは明るいソリッドカラーの車体色
ざっと調べてみたところ、こんなクルマ存在しないんですよね。。。それが今の悩みです。
どこか、こんなクルマ発売してくれないですかね。確実に一台だけは売れますよ037.gif

それでは。

[PR]
by 500life | 2016-10-14 17:29 | クルマ選びと試乗

連休はプリウスで

この三連休、中国・四国地方に行ってきました。
借りたレンタカーはこちら。
a0337788_17550299.jpg
モデルチェンジしてそろそろ一年が経つプリウスです。
現行プリウス、モデルチェンジ直後に試乗はしましたが、都内を短い時間走るだけでは消化不良だったので、
トヨタレンタカーで車種指定して借りてみました。
初代、二代目とプリウスを乗り継いでいたこともあり、非常に興味がありました。
a0337788_17550329.jpg
現行型も街中でたくさん見かける様になりましたが、未だにかなり尖ったデザインだと感じます。
結構好き嫌いある様ですが、私は好きです。
a0337788_17550393.jpg
空力のためなのか、ボンネットにフラットな部分があったり
a0337788_18021662.jpg
サイドミラー前にフィンがあったり
a0337788_18021615.jpg
と、燃費向上のための工夫が随所に施されている様です。
理系人間としては、こういうディテール大好きです012.gif

車内に目を移すと、メーターは伝統のセンターメーターです。
a0337788_18021657.jpg
これもまた好き嫌いある様ですが、私は大好きです。個人的にはセンターメーターの方が見やすく感じています。
不満点として感じたのは、ナビの位置です。
ご覧の通りの低め位置に設置されているため、あまり見やすいものではありませんでした。
実は、新型プリウスに3日乗り、機能的な意味で感じた不満はこの一点だけでした。
それほど完成度の高いクルマでした。

さて、肝心の乗り味です。
初代プリウスは、とても牧歌的な感じのクルマでした。
全てがゆったりとしていて、穏やかな性格の乗り心地でした。
それは逆に言うと、運転していて楽しいという性格ではないということでもありました。
安楽だったですけどね056.gif
二代目プリウスは、一転して固めの乗り心地でした。
どこか突っ張っているというか、サスペンションが動いていない感じがするというか、初代とは180度違った性格
と感じられる様なクルマでした。この感じが嫌で、3代目には乗り換えなかったことを記憶しています。
そしてこの4代目、これ、移動手段としてはほぼ完璧な乗り物じゃ無いですか?019.gif
正直言って、ウチのカブリオよりも乗り心地良いかもしれません。
目地段差のいなしや、荒れた路面のいなし、うねりのいなしなど、カブリオと同じかそれ以上に柔らかくこなします。
また、カーブでのハンドリングにしても、初代の様な曲がりたがらない性格もなく、ハンドルを切ったら切っただけ、
素直に曲がって行きます。ただ、高速道路でのカーブでは、わざとだと思うんですけどハンドルの効きをダルにして
いる感じがあり、その点はカブリオに分があるなと感じました。
a0337788_17550384.jpg
静粛性については、初代からの良い点を引き継いでいます。
ただ、パワートレイン系や風切り音が静かなせいもあり、ロードノイズがやたらと目立つ感じではありました。
絶対的な音量は少ないのですが、ロードノイズだけ目立って聞こえるので、気になるといえば気になります。
この部分が改善されたものが欲しければレクサス買ってくれって話なんですかね。

さて燃費です。
今回の行程は約640キロでした。
a0337788_17545717.jpg
給油量は22リットル。実にリッターあたり29キロ走りました!
初代は頑張っても20キロ少々だったので、大幅な進化です。
いやほんと、すごいクルマです。
今度出るC-HRや、このプリウスをベースにした新型レクサスCTには期待大です。
そしてプリウスPHVもですね!
TNGA採用のハイブリッド、次期愛車候補に急浮上です。
それにしてもいいクルマだった!

それでは。

[PR]
by 500life | 2016-10-11 18:30 | クルマ選びと試乗

ヴェゼルハイブリッドをレンタカーしました

先日もちらっと書きましたが、ヴェゼルハイブリッドのAWDを北海道でレンタカーしました。
a0337788_20134678.jpeg
走ったルートは以下の様な感じです。
a0337788_17124633.jpg
寄り道せずにまっすぐ走った場合には約600キロの行程です。
色々と寄り道したので、1週間で1200キロほどの走行となりました049.gif
a0337788_17124761.jpg
さてさてヴェゼルハイブリッドですが、1週間乗った印象としては「普通の車」というものでした。
これ、決してネガティブな意味のコメントじゃありません。
初めて乗った車ですが、特になんの違和感もなく、すんなりと馴染めたという意味です。
つまり、総合的に見て乗りやすい車だったんだと思います036.gif

最近の日本車ですから、装備もすごく近代的なものでした。
安全装備はこんな感じです。
a0337788_17130573.jpg
この中でも、レーンキープアシストはかなり積極的に介入してくる感じでした。ちょっと白線に寄るだけで画面警告と
ハンドルぷるぷるのお仕置きが待っています。
ACCも試してみましたが、悪くはないものの、あまり積極的に使いたくなる感じのものではありませんでした。
ブレーキ踏んだりすると解除になってしまい、いちいち再設定するのが面倒で。
それと、カーブが連続する様な環境では前車を見失ってしまい、急に加速することもありました。
現段階では(当たり前ですが)高速道路限定の装備って感じでした。
以前乗ったボルボのV40ではほとんど自動運転感覚だったので、今の所あのレベルにはないのかな、と。
a0337788_17130566.jpg
夏のこの時期ですから、AWDを感じることはできませんでした。
そしてこのクルマ、ミッションはいわゆるDCTなんですね。乗ってる限りではCVTかと思ってました。
そのくらいミッションはスムーズです。
以前乗っていたザビートルのDSGは結構ギクシャクしたので、それと比べればウルトラスムーズな感じです。

車内装備も充実していました。
特に気に入ったのはこのカップホルダー。
a0337788_17130027.jpg
2リットルのペットボトルと500ミリのペットボトルが同時に収納できます。
カブリオにはカップホルダーと呼べる様なものがないので、これは重宝しました016.gif
a0337788_17125591.jpg
ドア内張りもファブリックが貼られ、肘掛け部分も(フェイク?)レザー貼りで触り心地良好です。
a0337788_17125555.jpg
荷室も広々。写真のトランクは機内持ち込み可能サイズの小さなものですが、大型トランクでも軽々行けそうです。
この辺もカブリオとは雲泥の差ですね004.gif

エアコンの操作は物理ボタンなしのタッチ式でした。
a0337788_17125574.jpg
これ、結構使いにくかったです。特に運転しながらでは。
どこ押してるのかもわからないですし、どれ位変化させられたのかも直感的にはわかりませんでした。
期待のカクタスや新型C3も物理ボタン無しの様ですが、個人的にはエアコン操作は物理ボタンがいいなあと思いました。

次に操作系なのですが、戸惑ったのがエンジンスタートとストップを含めた指導停止操作です。
a0337788_17125501.jpg
ヴェゼルはエンジンスタートボタンでエンジン操作、ボタン式パーキングポジション、電子パドル式のパーキングブレーキでした。
これが慣れていないがために面倒で015.gif
特に運転終了の時なのですが、Pボタンを押し、パーキングブレーキパドルを上げ、ブレーキ踏みながらエンジンボタンを押す、
という手順になります。
これ、手数的にはカブリオと変わらないのですが、全てが軽く操作できるため、手順を忘れてしまうことがあって008.gif
簡単であるがゆえに、逆にめんどくさく感じてしまうという状態でした。
Pボタン押したらパーキングブレーキも一緒にかかってくれればいいのに028.gifとか思ってました。

a0337788_17130150.jpg
さて肝心の走りですが、これまた特に印象に残るものはありませんでした。
気になった点としては、
  • 追い越し時にエンジン音が盛大にするのに、意外と加速は弱い
  • 路面の凹凸やうねりをかなり素直に拾う
  • シートバックの出っ張り(背中のカーブに合わせた出っ張り)の位置が高すぎで背中に違和感がある
良かった点としては
  • 思い切った加速さえしなければ静か
  • 燃費が良いこと(レギュラーガソリンなので経済的にも助かります)
といった感じです。
今日東京でカブリオに乗ったのですが、やはり乗り心地の柔らかさには違いを感じました。
カブリオって、シートの柔らかさも相まって、路面の凹凸やうねりの角を丸めた感じで伝えてくるんですよ。
これが乗り心地の良さを評価する際には大きな差になると感じました。
ただ一方で、今日カブリオを運転して、今まで感じていなかった操作系の重さを感じました。
ヴェゼルは結構操作系が軽かったんだなと認識しました。ただ、違和感は全くなかったので、いい軽さだったんだと思います。

a0337788_17130054.jpg
今回ヴェゼルを借りましたが、レンタカーとしての印象は前回乗ったポルテがナンバーワンのままという結論です。
ヴェゼルはいいクルマだと思います。でも、何か「売りになる尖った部分」が無い感じで。
ヴェゼルに乗りながら、すれ違うスズキイグニスとか、マツダCX3とかに目がいってしまいました。
もちろんマツダロードスターにも012.gif
本当はロードスターを借りたかったのですが、ロードスター1週間借りたらえらい出費になってしまうので007.gif
ロードスターやS660は無理としても、コペンを安価に貸してくれるレンタカー屋さんがあればいいのですが016.gif
夏の北海道でオープンカー、最高だと思います。
次は是非、オープンカーで北海道をドライブしてみたいと思いました。
ちなみに、カブリオを含めDS3には1台も会いませんでした007.gif

それでは。

[PR]
by 500life | 2016-07-24 18:02 | クルマ選びと試乗

ホンダヴェゼル

ここ数日、ホンダヴェゼルハイブリッドの4WDモデルをレンタカーして乗っています003.gif
a0337788_20134678.jpeg
出先からなので簡単に感想を。
全体としては「普通」という感想です。
運転はし難くもなく、特にし易くもなく。あまりどこにも違和感は感じません。
乗り心地はフォルクスワーゲンのザビートルを思い出しました。
全体的に硬く、道路の継ぎ目みたいな軽いギャップは綺麗にいなすのですが、少しギャップが大きくなると、
サスペンションでいなす感じではなく、ボディ全体でギャップをトレースする様な感じで、結構な勢いで揺すられます。
ウネリを乗り越える様な場面では、そのウネリを素直に全て伝えてくる様な感じです。
サスペンションが突っ張ってる様な感じを受けます。
なお、ウネリやギャップを超えたあとの揺れ残りみたいなのは全く感じません。
1日200キロペースで走ってますが、シートが合わないこともあり、結構疲労は大きい感じです。

それでは。


[PR]
by 500life | 2016-07-19 20:12 | クルマ選びと試乗

レンタカーでドライブ:日産マーチ

ポルテに続き、先日レンタカーしたマーチについてです。
a0337788_18142097.jpg
借りたのは1.2のエンジンを搭載したモデルでした。
借りた段階で約3.5万キロを走行していた個体です。
a0337788_18142085.jpg
借りた感想としては、可もなく不可もなく、本当に普通の車だというものでした。
それほど五月蝿いわけでもなく、振動するわけでもなく、乗り心地が悪いわけでもなく、正直に言うと、これといって
特筆すべきことがない感じの車でした。
気になった点としては、大きく3点ありました。
一つはハンドルの切り始めの遊びが大きいことです。チンクは言うに及ばず、ポルテと比べても、舵角に反映されない
遊びの領域がかなり大きいことに違和感を感じました。
続いては、この遊びの大きさとも関連するのかもしれませんが、ハンドルがやけに軽いことです。
軽さの感じは、チンクのエコモードと同じくらいです。ただ、このモデルではモード切り替えできないので、高速を含め
常にエコモードの軽さで走っているような感覚です。ですので、高速だとちょっと不安定な感じがしました。
a0337788_18142080.jpg
最後の点は、CVTの音だと思うのですが、加速時に「キュー」という音がしていたことです。
動き出しというより、40キロから60キロのような、中間加速の時に、特に大きく聞こえました。
これは走行距離によるものかもしれないですね。
a0337788_18142041.jpg
その他気になったのは、内装が真っ黒で思いっきりプラスチッキーだったこと。造形自体は好きなんですけどね、
a0337788_18144439.jpg
やはり真っ黒の硬質プラスチック塊内装はちょっと。。。という感じでした。
a0337788_18144430.jpg
それと、シートバックの高さが短く、また初期設定のヘッドレスト位置だと背中が痛いということも気になりました。
a0337788_18144497.jpg
なお、目立ったおもてなし機能はなかった感じです。

今回の走行距離は280キロでした。その給油量は20リッターだったので、燃費は14キロ/リッター。
この車もレギュラーガソリン仕様なので、経済的にはいい感じですね。

2日に渡って荷台に乗りましたが、個人的好みだと圧倒的にポルテに軍配をあげたいです。
トヨタってすごいな、と思った週末でした。

それでは。

[PR]
by 500life | 2016-02-15 18:33 | クルマ選びと試乗

レンタカーでドライブ:トヨタポルテ

先日、2日連続で別々のレンタカーに乗る機会がありました。
1日がトヨタポルテ、もう1日が日産マーチです。
今日はそのうち、ポルテの方について書こうと思います。
a0337788_09524193.jpg
レンタカーで乗る前、ポルテについての明確なイメージはありませんでした。
あえて言うなら、「子育て世代のセカンドカー」という感じですかね。
要するに、あまり興味を持っていない車でしたし、正直「どうせ大したことないんでしょ」って感じでした044.gif
a0337788_09524110.jpg
しかし、車って乗ってみないとわからないもんですね。
反省しています。これ、すっごくいい車です。
まず驚いたのが、車のコンディションです。借りたのは走行距離4万7千キロを超えた個体でしたが、意外なほどシャッキリした状態を保っていました。
a0337788_09524202.jpg
ボディはがっしりしてますし、異音もゼロですし、乗り心地も快適ですし、本当に5万キロ近くレンタカーで走った個体なの?という感じでした。
まずはその頑丈さに驚きです018.gif

そして驚くのがユーティリティ性能の高さとおもてなし性能の高さです。
a0337788_09524605.jpg
左側のドア、がっつり自動で開きます。
チンクト違い、一枚ドアでも後部座席に乗り込みやすいです。
a0337788_09522546.jpg
助手席は畳んで後部座席のスペースを広げることもできます。
仮に広げなくても、小さなトランクを床におけるほどのスペースもあります。
助手席を畳んで前に出すと、後部座席はリムジン以上のスペースになります。
a0337788_09523118.jpg
a0337788_09522651.jpg
レクサスLSやメルセデスSクラスの後部座席で送迎していただいたことが何度かありますが、それよりもスペースという意味では
快適なくらいです(静けさや豪華さはもちろんかないませんが)030.gif
ヘッドクリアランスも大きいですし、リアシートの座面も悪くないですしね。ただ、リアシートの背もたれはもう少し長いほうが
いいかなとは思いました。

物入れの充実も素晴らしいおもてなし性能です。
a0337788_09522521.jpg
運転席の前、普通ならメーター類のある場所に物入れが。
a0337788_09522589.jpg
これ、使ってみるとすごく便利でした。財布やスマホなんかを投げ込んでおくのに便利です。
チンクのようなキーを挿して回すタイプじゃないので、キーを置いておくスペースとしても便利です。
しかも、芸の細かいことに物入れの深さが2タイプ用意されているという036.gif

助手席側は蓋つきの物入れです。
a0337788_09522644.jpg
車検証が入っていましたが、この物入れも使い勝手良さそうですね。
そして驚いたのが、傘立てが装備されていることです043.gif
a0337788_09522530.jpg
濡れた傘って意外と置き場に困るので、これは便利な装備だと思いました012.gif
おもてなし機能は万全ですね049.gif

さて、走りの部分ですが、これはいい意味で普通という感じでした。
視界も良好ですし、ドライビングポジションもキッチリと取れますし、なにも不満はありません。
レンタカーとして借りて、パッと乗って、全く違和感なく走り回れるって、意外とすごいのかなと思いました037.gif

乗り心地は柔らかい感じです。とは言え、ボヨンボヨンと揺れ続ける感じではありません。
ふんわりと受け流すようなイメージで、終始徹底して穏やかな乗り心地です。
静粛性については、チンクより遥かに良いです。スタッドレスタイヤを履いていましたが、それでもチンクより静か。
タイヤノイズはそれなりに入ってきますが、それでもチンクよりは遠くで鳴っているような聞こえ方です。
エンジン音はさらに遠くから聞こえてくるようなイメージです。

ハンドリングについては、正確ではあるものの、スポーティーな感じではありません。
車の性格を考えたら当たり前ですね037.gif
でもだからと言って、これは低く評価する要素ではないと思います。
山道も走りましたが、危険なことなんて全くなく、エンジン出力が車重の割に大きくないことと相まって、ここでも
あくまで穏やかに、安全性方向に徹底した動きであり続けました。
こういう車はこういう車で、このような方向性を好む人のために、絶対存在すべきだと思いました。
全ての車がスポーティを目指す必要はないと思っているので006.gif

では、「お前は買うのか」と言われると。。。現時点では買わないです。
理由としては、「この車は、2台目以降として買う車だ」と判断したためです。
駐車場の関係で、今は一台しか持てないので。。。
例えば500C、アバルト595C、ホンダS660、マツダロードスターを持っていて、もう一台の所有者としてなら、
かなり前向きに買ってもいいかなと思う感じです。
とても穏やかですし、便利ですし。
この車、「運転すること自体」を目的の一つとするようなドライブには、正直向いていないと思います。
ただ、「少人数で快適に移動すること」を目的とするなら、こんなに合目的的な車はそうないかなという気がしました。
車体サイズも小さめなので、その意味でも気楽ですしね。
a0337788_10374841.jpg
チンクとは全く違う方向性の車でしたが、これはこれでいい車でした。
同乗者と二人して「さすがトヨタだね〜」と037.gif
多分、これよりワンサイズ大きいシエンタも、相当いい車なんでしょうね。あっちはハイブリッドもありますし。
ちなみに、燃費は60キロ走って4リッター入ったので、15キロ/リッター。
レギュラーガソリンなので経済的にもいい感じです。
もしパンダにおもてなし装備が充実されたら、ポルテ以上になるとは思いました。
が、きっと、ポルテのような「おもてなし」を考えるチームが開発したら、パンダの良さも無くなってしまうような気も
します。音や振動は「おもてなし」目線からは無くすべきってことになるでしょうし037.gif
色々な車があるから車って楽しい、と再確認させられた1日でした。

次回はもう一台のレンタカー、マーチについて書こうと思います。
それでは。

[PR]
by 500life | 2016-02-14 10:40 | クルマ選びと試乗





人気ブログランキングへ